• 管理者概要にアクセスする: エンタープライズプラン

    管理者またはグループ管理者としてUdemy Businessにログインすると、「管理者概要」ページと呼ばれるインサイト概要ダッシュボードが表示されます。この記事では、エンタープライズプランアカウントの管理者概要にアクセスする方法と、それに含まれるインサイト情報について説明します。

    管理者概要とは何ですか?

    管理者概要は、管理者とグループ管理者に、一目でわかるインサイトの要約と、パーソナライズされたおすすめを提供します。 

    Udemy Businessアカウントの管理者は、アカウント内のすべての学習者のインサイトを確認できますが、グループ管理者は自分のグループに属する学習者のインサイトのみを確認できます。

    この一元化されたパーソナライズされたランディングページでは、管理者とグループ管理者は次のことができます。 

    • 学習者データの背景とおすすめの対策を伝える直感的なダッシュボード。 
    • 学習者のエンゲージメントを高め、迅速かつ簡単な意思決定を行うために活用できるデータ。

    管理者概要にアクセスする方法 

    1. Udemy Businessにログインした後、管理者またはグループ管理者は、アカウントのコース紹介ページの管理者概要にアクセスできます。

    メモ - コースやコンテンツのある学習者ホームページに戻りたい場合は、ログインしたアカウントの左上隅にあるロゴをクリックしてください。

    1. 管理者概要でできることは次のとおりです - 
      • ユーザー管理 - ユーザーを管理することで、成功に向けてアカウントを準備します。使用済みのライセンスの割合や保留中の招待状を確認したり、新しいユーザーを招待したりすることができます。 
      • 学習者のフィードバックを確認する - Udemy Businessでの学習体験について、学習者が共有しているフィードバックを確認します。
      • アクティブユーザー - ユーザーの何パーセントアクティブかを確認し、学習者のエンゲージメントを高めるためのベストプラクティスをダウンロードできます。
      • スキルをチェックする - 業界や組織でどのようなスキルが人気があるかを確認します。
      • インサイトクイックリンク - ユーザー行動ファネルとコースインサイトを確認するためのクイックアクセス。 
      • ラーニングパス - ラーニングパスの探索および作成を行い、エンゲージメントを追跡し、組織内で最も登録されているラーニングパスを確認するためのクイックリンク 
      • コンテンツの共有 - 割り当てられたコースとコンテンツを探索、共有、表示して、チームと共有します。
      • Udemy Business Pro - ITスキルチームのための没入型学習にアクセスする方法について詳しく学びます。

    admin overview.pngdashboard 2.png

    記事を読む
  • Udemy Businessアカウント内で学習者のバッジデータを表示する

    この記事では、管理者およびグループ管理者がUdemy Business製品内で学習者が取得した認定バッジを確認する方法について説明します。 

    メモ: Udemy Businessはオープンバッジ標準のみをサポートしています。

    • オープンバッジとは、学習を通じて習得したスキルの証拠を企業に提示できる、ウェブベースの資格証明書や認定書、学習成果のことです。
    • オープンバッジの詳細をご覧ください(英語のみ)。 
    • オーストリア、ドイツ、スイスのお客様の場合、管理者やグループ管理者は学習者のバッジデータを閲覧できません。

    学習者バッジデータについて

    Udemy Businessでは、管理者とグループ管理者は、学習者のインポート済みのバッジと、認定資格試験の準備と合格に使用した学習コンテンツを観覧できます。 

    学習者のバッジ情報にアクセスする方法

    1. Udemy Businessアカウントにログインした後、管理までスクロールし、ユーザー管理をクリックします。

    2. 学習者を選択し、バッジタブをクリックします。ここでインポート済みの認定資格バッジと主要な学習データを確認できます。 

    3. 証明書の名前をクリックすると、バッジに関する詳細情報と、バッジを取得するためにUdemyで修了した学習コンテンツが表示されます。

    記事を読む
  • 連続視聴: よくある質問

    この記事には、連続視聴に関して寄せられるよくある質問への回答を紹介します。

    メモ: この機能はエンタープライズプランでのみご利用いただけます。

    目次

    連続視聴とは何ですか?どのような仕組みですか?

    連続視聴は、学習者が連続視聴を維持するために学習を毎週促す機能です。学習者は、ログインして毎週30分間のコースビデオを視聴することで、連続記録を維持できます。学習者がログインすると、訪問リングが完成します。視聴リングは、毎週ビデオの視聴が進むにつれて更新されます。30分間のビデオを視聴するとリングが終了し、その週の視聴が完了します。 

    学習者は、連続視聴を維持するために、毎週訪問リングと視聴リングの両方を完成させる必要があります。

    連続視聴はどこに表示されますか?

    連続視聴は、Udemy Businessのウェブおよびネイティブアプリ内に表示されます。

    Udemy Businessネイティブアプリに連続視聴機能が表示されませんか?

    連続視聴は、Udemy Businessのウェブおよびネイティブアプリ内に表示されます。

    なぜ連続視聴をリリースしたのですか?

    Udemyでは、個人や組織が目標をより早く達成するのに役立つ新しいスキルの学習を支援する方法を常に模索しています。連続視聴は、ユーザーの関心を維持する効果的な動機となることが証明されています。

    レクチャー視聴データはどのくらいの頻度で更新されますか? 

    現在、レクチャー視聴データは1日に3回更新されるため、学習者は学習と同時にリングが閉じることはありません。これはUdemyが将来の反復に向けて取り組んでいる点です。 

    学習者に送信される関連メールはありますか?

    まだありません。現在、学習者にUdemyへのログインを促して30分間リングを達成するよう促す連続視聴メールを実験中です。

    管理者はそれをオフにできますか?

    Udemyが実施した実験では、グローバル組織全体で非常に良好な学習者のエンゲージメントの結果が得られたため、現時点ではすべてのお客様に連続視聴機能をオンにしておくようお勧めしております。

    それでも連続視聴機能を無効にしたい場合は、カスタマーサクセスマネージャーが無効にすることができます。 

    フィードバックはいつでも大歓迎しております。機能の改善に役立つ情報がございましたら、カスタマーサクセスマネージャーまでご連絡ください。

    管理者は連続視聴の時間制限を設定できますか?

    現時点では、すべての連続視聴に30分の時間制限があります。30分という時間制限は慎重に選択されており、能動的学習者と受動的学習者のニーズに対応し、いずれのタイプの学習者も1週間に達成可能でありながら十分な時間の学習ができるするよう促します。 

    学習者はデスクトップとモバイルで何を表示できますか?

    デスクトップ モバイル

     

    記事を読む
  • アクティブ化されているユーザーと非アクティブ化されているユーザー

    この記事では、Udemy Businessアカウントでのユーザーカテゴリー違いと、それらの管理者レポートに対する影響について説明します。

    管理者がUdemy Businessアカウントで合計ユーザー数を表示できる場所

    管理者は、ユーザー管理ページ該当するフィルターを使用して、Udemy Businessアカウントでの登録ユーザー数と、これらのユーザーが割り当てられたカテゴリーを表示することができます。

    all_users.png

    ユーザーカテゴリーとアクティブ化

    すべてのユーザー: これには、ある時点でアカウントに登録したすべてのユーザーと、アクティブ化および非アクティブ化されたユーザーが含まれます。 

    ライセンス割り当て済みユーザー(またはライセンス割り当て済み): これらは、現在ライセンスを保持し、Udemy Businessアカウントに登録済みのユーザーです。ユーザーは、最低1回はウェブサイトにログインしたことがあるか、シングルサインオン(SSO)で認証を受けて、ライセンスを有効にしている場合に、アクティブ化されます。 

    ライセンスを有効にしていないユーザーは、インサイトやレポートに反映されません。

    ライセンスなし: SSOプロバイダーによりSCIMを使用してプロビジョニングされたユーザーは、Udemy Businessアカウントで作成されますが、SSOプロバイダーを介して認証し、アカウントにアクセスするまで、ライセンスが使用開始およびアクティブ化されることはありません。SCIMでプロビジョニングを行ったものの、SSOを介してUdemy Businessアカウントにアクセスしなかった場合は、ライセンスなしで閲覧できる全ユーザー向けページが表示されます。

    保留中の招待状: これには、Udemy Businessアカウントに招待されたものの、まだライセンスを申請してアクティブ化されていないユーザーを含みます。

    非アクティブ化ユーザー: これらは、ライセンスが削除され、Udemy Businessポータルにアクセスできなくなったユーザーです。ただし、非アクティブ化されたユーザーの学習に関するデータは保持され、管理者によっていつでも再アクティブ化することができます。  

    非アクティブ化されたユーザーの個人の特定が可能な情報(PII)の削除

    非アクティブ化されたユーザーは、一般データ保護規則(GDPR)に準拠するために、または同様の目的のために、個人情報(PII)を完全に削除することができます。 

    ユーザーのPIIデータが削除されると、ユーザーは匿名化され、Udemy Businessでのその情報への参照がすべて「匿名ユーザー」というラベルで表示されます。ユーザーのPIIは削除すると、元に戻せません。

    記事を読む
  • データエクスポートレポート: よくある質問

    この記事では、データエクスポートレポートに関してよくある質問(列にどのような情報が掲載されているかなど)にお答えします。

    よくある質問

    UdemyはPower BI、Tableauなどのビジネスインテリジェンスツールと統合できますか?

    はい。Udemy BusinessのAPIを活用して、コース、ラーニングパス、レポートインサイトをビジネスインテリジェンスツールに同期できます。カスタマーサクセス担当者と協力して、BIシステムからUdemy Business APIを呼び出す方法について話し合ってください。

    ユーザーアクティビティレポートとユーザーコースアクティビティレポートのビデオ視聴時間(分)列にはどのような情報が記載されていますか?

    ユーザーコースアクティビティレポートとユーザーアクティビティレポートのビデオ視聴時間(分)列

    • 再視聴した時間はカウントされます。 
    • レクチャーのスキップされた部分はカウントされません。
    • ビデオの再生速度は考慮されません。

    例: 

    再視聴: ユーザーが月曜日にコースを1時間視聴し、火曜日にもう一度同じ箇所を1時間視聴した場合、そのユーザーはその週にUdemy Businessで2時間学習したことになり、それが両方のレポートに反映されます。

    再生速度: ユーザーが2時間分のコンテンツを2倍速再生で1時間で視聴した場合でも、レポートではコースを2時間視聴したとしてカウントされます。

    レクチャーのスキップされた部分: ユーザーが10分間のレクチャーの視聴を開始し、開始から1分後にレクチャーの最後までスキップした場合、レポートには、ユーザーがレクチャーに実際に費やした時間(この場合は約1分)だけが反映されます。その場合でも、レクチャーは完了済みと記録されます。

    ビデオ視聴時間(分) 列でカウントされるのはユーザーがビデオレクチャーを視聴した時間のみで、ビデオ以外のレクチャーに費やした時間は含まれません。ただし、ビデオを含まないレクチャーも、修了したコースとしてカウントされます。たとえば、ユーザーアクティビティレポートに、あるユーザーが4つのレクチャーを修了したと示されているにもかかわらず、ビデオ視聴時間(分)列には時間が記録されていないということがあり得ます。これは、それらの4つのレクチャーがビデオレクチャーでなかったためです。

    ユーザー進行状況レポートの小テスト最終結果列(N列)に記載されるのは、具体的にどのような情報ですか?

    ユーザー進行状況レポートの最終結果列(小テストの場合)(N列)には、ユーザーが小テストで最終的に記録した点数が記載されます。たとえば、ユーザーが小テストを2回受けて、1回目に80%を、2回目に90%を記録している場合、ユーザー進行状況レポートには2行で表示されます。各行には、テストを受けた順番ごとに記録した点数が含まれます。小テストは何度でも受けられます。

    ユーザーグループ列にはどのような情報が記載されていますか?

    データエクスポートレポートには、1人のユーザーが参加しているグループすべてを表示するユーザーグループ列があります。管理者とグループ管理者は、1つのグループ内の「すべてのユーザー」を含むユーザーレポートをエクスポートする際に、グループメンバーの詳細を簡単に見ることができます。報告APIにはグループは表示されませんが、UdemyのユーザーAPIを使用してグループのデータを取得することができます。これに加えて、レポートをエクスポートする際には、グループのリストをスクロールして容易に選択することができます。

    ユーザーコースアクティビティレポートの最初の修了日列には何が記載されていますか?

    ユーザーコースアクティビティレポートの最初の修了日列には、受講生が初めてコースを修了した日付が記載されます。そのため、講師が新しいレクチャーやコンテンツを追加しても、その日付とタイムスタンプは失われません。その受講生が追加コンテンツを修了すると、それは「完了日」として記録されます。この列は、csvと報告APIの両方で表示されます。

    ユーザーコースアクティビティレポートのコース時間列には何が記載されていますか?

    ユーザーコースアクティビティレポートのコース期間には、コースに含まれるビデオコンテンツの長さが分単位で示されます。演習テストコースの場合、通常はビデオコンテンツが含まれることがほとんどないため、この列の数字が0または小さいことがあります。

    ユーザーコースアクティビティレポートの完了した演習列には何が記載されていますか?

    ユーザーアクティビティレポートの完了した演習の数列には、ユーザーが完了した演習の数が記載されています。演習には、小テスト、コーディング演習、演習テストがあります。(開始してもまだ完了していない演習や合格しなかった演習はカウントされません)。

    ユーザーアクティビティレポートに消費時間が0で、完了した演習の数が0の行がある場合、ユーザーが1つ以上の演習を開始していて、まだどれも完了していないか、1つ以上の演習を完了していても、合格していないことになります。

    ユーザーコースアクティビティレポートで、「登録日」、「開始日」、および「最終アクセス日」フィールドが空白になっているのはなぜですか?

    ユーザーがコースに登録し、その後すぐに(つまり、次のデータ処理が発生する前に)登録を解除した場合、これらのフィールドが空白になることがあります。

    レポートには、登録解除したユーザーのコース進度も含まれていますか?

    ユーザーがコースへの登録を解除した場合、またはUdemyマーケットプレイスアカウントなど、別のアカウントでの受講登録を移行した場合は、アクティビティデータの一部がユーザーコースアクティビティレポートに反映されます。 

    ただし、レポートの項目の多くは元の受講登録の記録から得られるため、学習者が登録解除したコースのデータはレポートに反映されません。特に、登録解除はユーザーコースアクティビティレポートの「進捗(%)」、「登録日」、「修了日」などのデータに影響することがあります。

    この点についてご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

    データはいつ更新されますか?またデータエクスポートに適用されるタイムゾーンは?

    Udemy Businessのインサイトとレポート用データの更新頻度と適用されるタイムゾーンについてはこちらをご覧ください

    学習者の修了証明書に、管理レポートのそのコースの修了日/タイムスタンプエントリとは異なる日付/タイムスタンプを含めるにはどうすればよいですか?

    学習者が受け取る修了証明書は、コースが修了した時点での学習者のデバイスのIPアドレスのタイムゾーンにローカライズされています。ただし、管理者レポートは標準UTC形式です。そのため、日付/タイムスタンプは異なる場合がありますが、常に同じ日時になります。

    たとえば、米国カリフォルニア州サンフランシスコにいる学習者が、2月25日の午後9:00/21:00(太平洋標準時)にコースを修了したとします。これをUTC標準形式に変換すると、2月26日の午前5:00/05:00になります。つまり、これがデータレポートに表示される日付/タイムスタンプになります。

    記事を読む
  • グループメンバーシップログへのアクセスと内容の確認

    グループメンバーシップログには、グループが完了したアクションや、メンバーとして追加または削除された従業員など、多くの情報が含まれています。

    管理者はどのグループのグループメンバーシップログにもアクセスできます。一方、グループ管理者は、自身が管理するグループのグループメンバーシップログにしかアクセスできません。 

    ユーザーグループの作成方法については、こちらをクリックしてください。

    グループメンバーシップログへのアクセス方法

    グループメンバーシップログには、次の手順でアクセスできます。

    1. 上部の管理ドロップダウンメニューからユーザーを管理を選択します
    2. ページ左側のグループを管理をクリックします。
    3. グループ名の右にある3つの点をクリックします。または、特定のグループを選択した後、新規ユーザーを招待ボタンの横の3つの点をクリックします。
    4. 次に、グループメンバーシップログ

    group_membership_log.png

    グループメンバーシップログに含まれる情報 

    ログには以下の情報が含まれます。

    • 日付: アクションを完了した日付
    • 名前: メンバーとして追加または削除された従業員の名前
    • メールアドレス: メンバーとして追加または削除された従業員のメールアドレス
    • アクション: 実行されたアクション
    • グループ: ログの対象グループ
    • 方法: ユーザーをグループに追加/削除するときに使用された方法(SSOデータ、CSVアップロード、管理者/グループ管理者の名前など)

    注: グループメンバーシップログに含まれるのは、2018年3月23日以降のデータです。

    記事を読む
  • Udemy Businessコレクションに含まれなくなったコースのインサイトとレポート

    この記事では、Udemy Businessコースコレクションの更新が、管理者およびグループ管理者向けのインサイトとレポートにどのように影響を与える可能性があるかについて説明します。

    Udemy Businessコレクションで利用できなくなったコースのそれまでの学習データは管理者ダッシュボードやレポートから削除されるか?

    Udemy Businessコレクションで利用できなくなったコースについても、すべての学習データが保持されます。管理者は、コースインサイトダッシュボードまたは学習者のそれぞれのプロフィールページでさらに詳しい情報を確認できます。

    これらのコースの視聴時間と他のアクティビティも、管理者のインサイトとレポートに記録されます。

    記事を読む
  • 「インサイトとレポート」でのオフラインコース表示の確認

    Udemy Businessモバイルアプリでは、コースやレクチャーを保存してオフラインで表示できます。そのため、モバイルアプリを使えば、インターネットに接続できない環境でも学習が可能です。 

    この記事では、モバイルアプリを使ったオフラインでのコース表示が組織のレポートに反映されるようにする方法を説明しています。

    オフラインコース表示を確認するには

    オフラインでのコース利用状況が「インサイトとレポート」ページに反映されるようにするには、学習者が以下の操作を行う必要があります。

    1. Wi-Fiまたはモバイルデータ通信回線に接続して、モバイルデバイスをオンライン状態に戻します
    2. デバイスがオンライン状態になったらUdemy Businessアプリを再び開き、進捗状況を同期させます

    学習者が上記の操作を完了すると、その学習者のオフラインでのコースの利用状況が次のデータ更新後にレポートとダッシュボードに反映されます。

    記事を読む
  • データ更新のタイミング

    この記事では、Udemy Businessのインサイトとレポート用データがどれくらいの頻度で更新されるかについて説明します。

    よくある質問

    ダッシュボードとレポートはどのくらいの頻度で更新されますか?

    ほとんどのUdemy Businessアカウントの場合、パスのインサイト評価とレビュー、およびコースインサイトダッシュボードは、データエクスポートレポートとともに1日に1~4回更新されます。 

    ユーザーアクティビティダッシュボードとデータは数分ごとに更新されます(メモ: 組織によっては、このデータが1日に1~4回更新される場合があります)。

    メモ: これらのダッシュボードとレポートの更新は、前日と同じ時間に行われない場合があります。たとえば、レポートは月曜日の午前0:01に更新され、火曜日の午後23:59に更新されることがありますが、少なくとも1日に1回更新されます。

    データの更新日時はどこで分かりますか?

    何日、何時までのデータが含まれているかが各ダッシュボードの右上に示されます。タイムスタンプはご使用のコンピューターの設定に基づいてローカライズされます。

    data_update_time_stamp.png

    データエクスポートはどのタイムゾーンですか?

    Udemy Businessのデータエクスポート内の日付と時刻はすべて、協定世界時(UTC)で示されます。現地時間は、レポートのエクスポート先である管理者のコンピューターのタイムゾーンに基づいてローカライズされます。

    メモ: データエクスポートレポートページの期間のフィルターは、UTC -8時間のタイムゾーン(太平洋標準時間)に基づいています。お住まいの地域や選択する日付によっては、要求したデータを取得するためにフィルターの変更が必要な場合があります。 

    たとえば、UTC+9時間のタイムゾーン(日本標準時間)にいる管理者が、8月1日の組織内の学習者データを取得するには、7月31日を選択する必要があります。

    記事を読む
  • Udemy Businessにおける「アクティブ」なユーザーの定義

    学習者が「アクティブ」な状態であれば、その学習状況がインサイトや、管理者およびグループ管理者向けのレポートに反映されます。この記事では、学習者が「アクティブ」とみなされるために、Udemy Businessアカウントにおいて行うべきアクションについて説明します。

    Udemy Businessにおける学習者のエンゲージメント

    Udemy Businessでアクティビティとみなされるのは次のようなアクションです。こうしたアクションはインサイトや管理者およびグループ管理者向けのレポートに記録されます。

    • コース登録(自分自身で登録または割り当て)
    • ビデオレクチャーの進捗(15秒刻み)
    • レクチャーの修了
    • 演習への取り組み
    • 演習の修了
    • コースの修了
    • コースレビュー/コース評価

    指定の期間内に上記のアクションのうち1つを行っていれば、そのユーザーはアクティブとみなされ、データエクスポートレポートに記録されます。

    ユーザーアクティビティダッシュボードとエクスポートに記録されるもの

    ユーザーアクティビティダッシュボードを表示するとき、アクティブユーザーの数は、選択した期間中にアカウントでライセンスされたユーザーの総数のパーセンテージとしてカウントされます。これには、その期間の終了前に参加した(初めてアクセスした)ユーザーが含まれます。その期間の開始後に非アクティブ化された場合は、非アクティブ化されたユーザーも含まれます。この方法で計算することで、その期間内に発生したすべてのアクティビティが計算に含まれるようになっています。

    • ユーザーアクティビティダッシュボードにあるアクティブなユーザーベースの円グラフには、Udemy Businessアカウントで指定期間内に上記リストのうち1つ以上のアクションを行ったことにより、アクティブと見なされたユーザーが含まれています。アクティブなユーザーベースの円グラフに表示されているアクティブユーザー数は、ユーザーアクティビティレポートに記載されているユーザー数と同数になります。
    • ユーザーアクティビティダッシュボードからダウンロードできるユーザーアクティビティレポート(アクティブなユーザー)には、選択された期間中にアカウントをアクティブに使用していたすべてのユーザーが含まれます。現時点で非アクティブ化されているユーザーは、非アクティブであることがレポートに示されます。 
    • ユーザーアクティビティレポート(すべてのユーザー)は、ユーザーアクティビティダッシュボードからもダウンロードできます。これには、選択された期間中にアクティブであったかどうかに関係なく、アカウント内のすべてのユーザーが含まれます。これを確認することで、アクティブでないユーザーを特定し、再度学習に取り組むよう促すことができます。

    アクティブ化されているユーザーと非アクティブ化されているユーザー

    アクティブ化されたユーザーと非アクティブ化されたユーザーの違いと、それが管理レポートに与える影響に関する詳細をご覧ください。

    記事を読む
  • Udemy Businessで使用可能なインサイトとレポート

    この記事では、Udemy Businessアカウントのインサイトとレポートで使用できるダッシュボードとレポートの概要を説明します。インサイトとレポートでは、従業員がどのように学習しているかを確認できます。会社全体の情報を閲覧したり、特定のグループを選択して学習の傾向を確認することもできます。

    インサイトとレポートの参照方法

    Udemy Businessアカウントのレポートを参照するには、管理にカーソルを合わせて、ドロップダウンメニューからインサイトとレポートを選択します。

    insights_and_reporting.png

    使用可能なインサイトとレポートのオプション

    インサイトとレポートページの左側のメニューには、以下の項目があります。

    スキルインサイト: このダッシュボードでは従業員が重点的に学んでいるスキルを確認し、カテゴリー、サブカテゴリー、トピック別に学習時間を明確に把握できます。これによりリーダーは、さまざまなチームに適したラーニングパスを定義し、チーム内のスキルを開発すべき領域を把握することができます。 スキルインサイトダッシュボードの詳細はこちらをご覧ください

    ユーザー行動ファネル: このダッシュボードでは、Udemy学習アカウントを取得し、利用を開始した、組織内のユーザー数とユーザー名を確認できます。このレポートはダッシュボードから直接ダウンロードできます。このダッシュボードは、チームプランの管理者も利用できます。ユーザー行動ファネルの詳細はこちらをご覧ください。

    ユーザーアクティビティ: このダッシュボードでは、Udemy学習アカウント内でのユーザーアクティビティの詳細を確認できます。このレポートもダッシュボードから直接ダウンロードできます。 ユーザーアクティビティダッシュボードの詳細情報

    コースインサイト: このダッシュボードでは、Udemy学習アカウント内のユーザーが何を学んでいるかを詳しく確認できます。このレポートもダッシュボードから直接ダウンロードできます。 コースインサイトダッシュボードの詳細情報

    ユーザー進行状況: このレポートは、データエクスポートレポートページや各コースの詳細ページ(コースインサイトダッシュボードでコースをクリックします)からダウンロードして使用します。全期間または指定した期間内に開始または終了したレクチャーや演習など、ユーザーの学習進度を確認できます。

    パスのインサイト: このページ上のダッシュボードでは、ラーニングパスに登録されているユーザー、各ユーザーの学習進度、登録方法(割り当てか自主登録か)などを詳しく確認できます。このレポートもダッシュボードから直接ダウンロードできます。パスのインサイトページの詳細情報

    Proのインサイト: Proのインサイトでは、ラボや評価テストでの従業員のアクティビティを該当するレポートで確認できます。Proのインサイトの詳細はこちらをご覧ください。このインサイトをご利用いただけるのは、学習者向けにUdemy Business Proをご契約の場合のみです。

    評価とレビュー管理者ダッシュボード: このダッシュボードでは、Udemy Businessで受講したコースに対するユーザーの評価やレビューを確認できます。このレポートもダッシュボードから直接ダウンロードできます。評価とレビュー管理者ダッシュボードの詳細はこちらをご覧ください。

    学習者調査と学習者からのフィードバック: Udemy Businessの管理者が学習プログラムを最適化する上で役立つ実践的な情報を得ることができます。また、学習者調査機能を活用することで、従業員がUdemy Businessをどのように感じているかをより深く理解できます。学習者調査機能の詳細情報

    データエクスポートレポート: 4種類のレポートをダウンロードし、エクスポートしたデータを別のツールで開き、独自にカスタマイズしたレポートを作成できます。ダウンロード可能なレポートは、ユーザーアクティビティレポートユーザーコースアクティビティレポート、ユーザー進行状況レポート ユーザースキルアクティビティレポートです。これらのレポートは、関連する他のダッシュボードからもダウンロードできますデータエクスポートレポートの詳細はこちらをご覧ください。

    インサイトとレポート用データの更新頻度について

    ご利用のアカウントのインサイトとレポートでのデータ更新のタイミングについては、こちらをご覧ください。

    記事を読む