• スキルインサイトダッシュボード

    この記事では、利用中または学習中のコンテンツに基づくあなたの会社のスキルを可視化する、スキルインサイトダッシュボードに関する重要な情報について説明します。

    メモ: 

    • この機能はエンタープライズプランでのみご利用いただけます。
    • コース作成ツールで作成されたカスタムコースは、スキルインサイトダッシュボードには表示されません。カスタムコースでの学習者のアクティビティと進捗状況は、管理者向けのデータレポートでご覧いただけます。

    スキルインサイトダッシュボードの概要

    スキルインサイトダッシュボードでは、カテゴリーとトピックのデータを掘り下げ、どこに学習時間が費やされているかを正確に把握することで、従業員が今何を優先的に学習しているかを把握できます。この情報は、学習目標の達成に向けて学習を推進し、従業員の学習目標がビジネス目標に沿っているかどうかを把握するうえで役立ちます。

    skills_insights_dashboard_1.png

    ダッシュボードの機能

    • ビジネススキルとテクノロジースキルに費やされた学習時間の割合の内訳
    • 組織で学習されているビジネスとテクノロジートピックの総数
    • インタラクティブチャートでは、学習に費やした時間の割合と合計学習時間がカテゴリー、サブカテゴリー、トピック別に示されます。サイドパネルには各カテゴリー、サブカテゴリー、トピックの人気コースが表示されるため、それを組織内の他の学習者に簡単に割り当てたり推奨したりできます。
    • 組織内で最も人気のビジネストピックとテクノロジートピックの視聴時間別チャート。このチャートには、上位トピックが占める合計学習時間も示されます。 
    • ダッシュボードでは、全ユーザーのデータを表示したり、特定のグループやセクションを詳細に表示することができます。また、特定の時間帯の学習データも確認できます。
    • 優先スキル - 各管理者は、自分にとって最も重要なスキルの追跡と報告を円滑にする優先スキルを設定できます。スキルのギャップを理解し、必要に応じて的を絞った行動を取る機会が得られます。
    • 以下の資料のエクスポートユーザーごとの詳細なスキルアクティビティをCSVフォーマットにしたユーザースキルアクティビティレポート。

    skills_insights_dashboard_2.png

    skills_insights_dashboard_3.png

    スキルインサイトダッシュボードは誰が利用しますか?

    ダッシュボードはすべての管理者とグループ管理者向けです。グループ管理者は、管理するグループのスキルインサイトのみ閲覧できます。

    学習時間は、トピック/カテゴリー/サブカテゴリーにどのように振り分けられますか?

    円グラフには4つのレベルがあります。

    • ビジネスとテクノロジー: ビジネスには、主にビジネスや自己啓発のスキルをテーマとするコースを含む、すべてのカテゴリーが含まれます。テクノロジーには、主にテクノロジーのトピックをテーマとするコースを含むすべてのカテゴリーが含まれます。
    • カテゴリー: Explore/Browse体験に表示されるカテゴリーです。
    • サブカテゴリー: Explore/Browse体験に表示されるサブカテゴリーです。
    • トピック: Udemy Businessの各コースには主要トピックがあり、コースで学習に費やした時間はすべてこの主要なトピックに振り分けられます。

    コースは複数のサブカテゴリーに属することができ、同じ主要トピックを持つコースでも異なるサブカテゴリーに属することができます。そのため、1つのトピックに属する学習が複数のサブカテゴリーに振り分けられることがあります。 

    人気トピックのリストには、どのサブカテゴリーに属しているかにかかわらず、トピックに属するすべての学習が含まれます。 

    各分類は、どの学習カテゴリーで構成されていますか?

    カテゴリーは、以下を含む複数のトピックで構成されています。

    テクノロジーカテゴリー:

    クラウドコンピューティング

    デザイン

    開発

    ITオペレーション

    仕事の生産性

    データサイエンス

    ビジネスカテゴリー:

    財務会計

    職場と人事

    リーダーシップとマネジメント

    マーケティング

    プロジェクト管理と業務

    営業・販売スキル

    自己啓発カテゴリー:

    自己啓発

    記事を読む
  • コースインサイト(企業プランのみ)

    エンタープライズプランでは、従業員が受講しているコースの状況をコースインサイトダッシュボードで包括的に把握できます。また、アクティブユーザーの数アクティブユーザーあたりの平均視聴時間(分数)、登録ユーザー数、割り当てられているユーザー数、組織内の学習者による評価をもとに、組織で最も人気のあるコースを見つけることもできます。 

    コースインサイトの並べ替えとフィルタリング

    自分が重視する指標に応じて、 アクティブユーザーの数、平均視聴時間(分) (アクティブユーザー1人当たり)、登録ユーザーの数、割り当てられているユーザーの数で並べ替えることができます。

    フィルターを利用すると、以下の項目で条件を絞って人気のコースを見つけることができます。 

    • グループ 
    • セクション
    • 期間
    • カテゴリー

    たとえば、期間のフィルターを使うと、過去30日間にデータサイエンスでアクティブだったコースの数や各コースでアクティブだったユーザーの数を確認できます。期間は、過去120日以内の日単位で指定できます。それに先立ち、月単位の期間を選択できます。 

    アクティブの定義 

    コースは、最低1人のアクティブユーザーがいる場合にアクティブになります。Udemy
    for Businessのユーザーのアクティビティとみなされるのは、どのような行動なのでし
    ょうか。さらに詳しくみてみましょう。

    Course_Insights.png

    このダッシュボードの期間フィルターによって、選択した期間中のコースアクティビティを可能できます。一方、表示される平均評価は、期間が選択されているかどうかにかかわらず、2020年6月30日以降現在までにユーザーから寄せられたすべての評価の平均値となります。これによって、組織で現在話題となっているコースに対する総合的な評価を確認できます。

    学習者の評価とレビューの表示

    コースインサイトダッシュボードで各コースに移動すると、そのコースの登録ユーザーや、組織の学習者のそのコースに対する評価およびレビューを確認できます。

    学習者の行動の確認

    コースインサイトダッシュボードでは、コースをクリックすることでそのコースの学習者の行動を確認できます。重要: コースに登録する学習者、コースが割り当てられる学習者は、その都度、このページに表示されます。一方、学習者の行動データは、次のデータ更新まで表示されません。データ更新の頻度については、こちらをクリックしてください。

     

    learner.png

    記事を読む
  • グループインサイト [Beta]

    エンタープライズプランでは、Udemyグループインサイトダッシュボードをご利用いただけます。このダッシュボードには、複数のグループを管理する管理者およびグループ管理者向けの上位10グループの概要が、学習エンゲージメントとアクティビティのランキングに従って表示されます。 

    ダッシュボードの機能

    グループインサイトダッシュボードを使用するとアクティブユーザーの数および総視聴分数(グループ単位)に基づき、組織で最もアクティブなグループを見つけることができます。さらに「アクティビティを表示」をクリックしてマイグループページに移動して、フィルターを利用して上位10グループ以外のグループを表示して、各グループの学習インサイトを掘り下げることもできます。

    このページには、グループを比較する機能があり、どのグループが最も学習に意欲的か、どのグループがさらなるサポートやガイダンスを必要としているかを確認できます。

    メモ: この機能はエンタープライズプランでのみご利用いただけます。

    group_insights.png

    アクティブの定義 

    Udemy Businessのアクティビティとみなされるいくつかの行動があります。アクティブユーザーの定義を詳しく確認しましょう。

    記事を読む
  • 評価とレビュー管理者ダッシュボード

    Udemyでは、学習プログラムのガイドや最適化に役立つ実用的なインサイトによって、Udemy Businessの管理者をサポートいたします。管理者は、Udemyの評価とレビューダッシュボードを使用して、Udemy Businessで受講したコースに対する従業員の評価とレビューを確認できます。学習者がコースに対してどのように感じているかを理解したうえで、推奨するコース、ラーニングパス内のコンテンツ、特定のプログラム向けのコースの選択を継続的に改善していくことができます。 

    評価とレビューダッシュボードへのアクセス方法

    評価とレビューダッシュボードにアクセスするには、管理メニューにマウスを置き、インサイトとレポートを選択し、その後ページ左側の評価とレビューを選択します。

    ratings_and_review_menu.png

    高評価トップ5

    組織で最も評価の高い5コースと、各コースの平均社内評価が表示されます。評価の高いコースが一目でわかり、学習者がコースに対してどのように感じているかを把握できます。 

    コースがこのランキングに含まれるためには、過去30日間に学習可能で、少なくとも3件の評価を受けている必要があります。(過去30日間に評価対象となるコースが存在しない場合、過去90日間の上位5コースが表示されます)。

    top_5_rated.png

    最近の評価とレビュー

    組織の学習者から寄せられたすべての評価とレビューが表示されます(2020年6月30日以降)。次の項目でフィルターできます。

    • 日付範囲
    • ユーザー名
    • グループ
    • セクション
    • 評価 

    最新の評価が先頭に来るように並べ替えられ、学習者が各コースに対して全体的にどのように感じているかを把握できます。エクスポートツールを使って評価レポートをエクスポートできます。

    コースインサイトダッシュボード

    評価の情報はコースインサイトダッシュボードにも表示され、少なくとも3件の評価があるコースは、平均社内評価が示されます。 

    カテゴリーで絞り込むことで、特定のテーマで最も評価の高いコースを見つけることができます。 

    詳しくは、コースインサイトの記事をご覧ください。

    グループ管理者のアクセス

    グループ管理者は現時点では評価とレビューダッシュボードにアクセスできません。

    社内コース評価の計算方法について

    平均社内評価とは、組織内の従業員からのすべての評価を合計して、コースを評価した従業員の数で割った値です。コースの平均社内評価は、そのコースが組織の学習者に3件以上評価されている場合のみ計算され、表示されます。 

    評価とレビューデータは、2020年6月30日以降に表示されるようになりました。 

    注: 内部評価は組織内の評価のみを表します。一方、学習者に表示されるコース評価には、Udemyの全学習者の評価が含まれ、内部評価とは計算方法が異なります。 

    データの最終更新日時

    データ更新通知には、すべてのデータが最後に更新された日時が示されます。「高評価トップ5」には、この最終更新日時のデータが表示されます。一方、「最近の評価とレビュー」のデータはリアルタイムで更新されます。

     

    記事を読む
  • ユーザー獲得ファネル

    Udemyのユーザー獲得ファネルを使用すると、人々が学習をどのように取り入れているかを確認できるだけでなく、サインアップ、コースの受講登録、最初のレクチャーの視聴の開始するための直接的行動を促すことができます。  

    「行動」とは?

    獲得の意味は組織によって異なりますが、Udemy Businessでは、ユーザーがコースに参加して登録し、最初のレクチャーを視聴した時点を「獲得」と定義しています。

    組織獲得率は、最初のレクチャーを視聴したユーザーの数を、購入したライセンスの総数に対する割合として示します。

    ユーザー獲得状況をファネルで示しているのは、Udemy Businessに初めてアクセスした時点から、最初のレクチャーを視聴するまで、ユーザーに必要なさまざまなステップを最も分かりやすく表せるからです。

    ユーザーのレクチャーへの参加、登録、または視聴が落ち込んでいるファネルのステップを強調することで、まだUdemy Businessを利用していないユーザーを把握し、利用を促すことができるようにしています。

    このレポートは組織アカウントの作成以降のデータをリアルタイムで表示します。

    user_adoption_funnel.png

    ライセンス

    これはUdemy Businessで従業員用に購入したライセンスの総数です。

    送信済みの招待状

    この列にはチームに送信した招待状の数が表示されます。これには、招待を受け入れてUdemy Businessアカウントに参加したユーザーや、招待が保留中のユーザーも含まれます。キャンセルされた招待状は含まれません。

    送信済みの招待状の詳細、および招待状を受け入れなかったユーザーは、SSOログインが有効になっているアカウントに対しては表示されません。

    参加済み

    Udemy Businessアカウントへの招待を受け入れ、少なくとも1回はすでにログインしているユーザーです。

    この段階で獲得ファネルから除外されているユーザーは、まだ招待を受け入れていないユーザーです。ユーザーにメールを送信リンクを使用して、アカウントを申請するように通知できます。または、レポートの招待状を管理リンクを使用して、保留中の招待状リストにすばやくアクセスできます。

    登録済み

    少なくとも1つのコースに登録しているユーザーです。コースがユーザーに割り当てられたか、ユーザー自身が見つけて選択した可能性があります。

    この段階で獲得ファネルから除外されているユーザーは、少なくとも1度ログインしたことがあるが、まだコースに登録していないユーザーです。コースを割り当てるか、コースを推薦してユーザーの学習開始を促進することをおすすめします。または、ユーザーにメールを送信リンクを使用してユーザーの学習開始を促したり、適切なマネージャーにユーザーのリストをエクスポートしてフォローアップさせたりすることができます。

    視聴済み

    登録したコースのうちの1つの最初のレクチャーを視聴したユーザーです。

    メモ: 「視聴済み」アクティビティは、ユーザーが動画レクチャーを視聴し、完了したときにのみ記録されます。小テスト、演習テスト、コーディング演習など、他の種類のレクチャーを完了しても、アクティビティとして記録されません。

    ユーザーがコース登録を解除した場合、「視聴済み」アクティビティの記録は、レポートから削除されます。

    この段階で獲得ファネルから除外されているユーザーは、少なくとも1つのコースに登録していますが、まだ最初のレクチャー修了していないユーザーです。学習を促す価値があるかもしれません。ユーザーにメールを送信リンクを使用してユーザーの学習開始を促したり、適切なマネージャーにユーザーのリストをエクスポートしてフォローアップさせたりすることができます。

    グループまたはセクションごとの獲得

    グループまたはセクションを設定している場合は、ページ上部のフィルターから選択することで、特定のグループ、複数のグループ、またはセクションの獲得状況を確認できます。

    グループの行動率は、アカウントに参加した人数に対する、最初のレクチャーを視聴したユーザー(グループ内)の人数の割合です。

    mceclip1.png 

    SSOを利用している組織

    SDOを利用している組織では、行動ファネルに表示される指標が通常の行動ファネルより少なくなります。

    参加ユーザー、登録ユーザー、視聴ユーザーの人数のデータは表示されますが、ユーザーがSSO経由でプロビジョニングされているため、ライセンスと招待のデータは表示されません。

    また、ユーザーアクティビティおよびコースインサイトダッシュボード(チームプランのお客様はご利用いただけません)を表示して、ユーザーの学習およびエンゲージメントのアクティビティに関するさらなるインサイトを得ることをお勧めします。 

    記事を読む
  • ユーザーアクティビティ

    この記事では、ユーザーアクティビティダッシュボードの機能について説明しています。ユーザーアクティビティダッシュボードは管理者がUdemy Business内でアクティブな学習者の状況を確認することができます。

    メモ: この機能はエンタープライズプランでのみご利用いただけます。

    ユーザーアクティビティダッシュボードではどんな情報や指標が確認できますか?

    ユーザーアクティビティダッシュボードを表示するには、上部の「管理」ドロップダウンメニューの「インサイトおよびレポート」を選択してから、左側で「ユーザーアクティビティ」を選択します。

    このダッシュボードに含まれているユーザーアクティビティ指標には、全体のアクティビティ、ユーザーあたりの平均アクティビティ、アクティブなユーザーあたりの平均アクティビティ、アクティブなユーザーの数などがあります。加えて、アクティビティ動向チャートと最もアクティブなユーザーのリストが表示されます。管理者はアクティビティ指標を視覚的に見ることができるほか、ユーザーアクティビティや動向をレポートとしてエクスポートすることができます。

    グループまたはセクションを設定している場合は、ページ上部のフィルターからそのグループを選択することで、特定のグループまたはセクションのユーザーアクティビティを確認できます。

    user_activity_dashboard.png

    ユーザーアクティビティダッシュボードからエクスポートできるレポートは何ですか?

    ユーザーアクティビティダッシュボードでエクスポートできるレポートは3種類あります。

    exporting_activity_reports.png

    1. ユーザーアクティビティレポート(アクティブユーザー): 指定期間内にアカウントでアクティブであったアクティブ化されている全ユーザーが記載されています。ユーザーがアクティブであると見なされるためには、コースに登録する、レクチャーを視聴する、または課題や小テストを完了するなどアクションが必要です。指定期間内にアクティブであれば、その後に非アクティブ化されても、レポートに記載されます。
    2. ユーザーアクティビティレポート(全ユーザー): 非アクティブ化されたユーザー、指定期間内にアクティブではなかったユーザーを含め、アカウント内でアクティブ化されている全ユーザーのアクティビティデータが記載されています。
    3. ユーザーアクティビティ動向レポート: 指定期間内における、各ユーザーの視聴分数(各日)のデータが記載されています。

    管理者レポートにおけるアクティブ化されたユーザーと非アクティブ化されたユーザーの違いについてはこちらをご覧ください。

    アクティビティ動向: アクティビティ動向の時間数(分)はどのように計算されますか?

    activity_trend.png

    アクティビティ動向の線は、費やした時間数(分)の近似値です。外れ値は除外されるため、より一般的な動向が一目で分かります。費やした時間数の移動平均を計算し、アクティビティ動向の線を描くという回帰式のアルゴリズムを用いています。

    メモ:

    記事を読む