• Udemy BusinessでコースIDを見つける方法

    この記事では、管理者がUdemy BusinessでコースのコースIDを見つける方法について概説します。コースIDを見つけるにはさまざまな方法がありますが、以下にいくつかの簡単な方法を紹介します。

    方法1: コースリストをダウンロードする

    コースIDを見つける方法の1つは、完全なカタログのエクスポートにコースIDが含まれるUdemy Businessコースカタログをダウンロードすることです。この方法を実行するには、Udemy Business管理者である必要があります。

    コースIDは、タイトルの横にある「id」という最初の列に表示されます。特定のコースIDを探していてタイトルがわかっている場合は、コースのタイトルを検索して、その横に、対応するコースIDを見つけることができます。

    course_id_report.png

    メモ:

    • コースIDは、ダウンロードした他のレポートや、ユーザーコースアクティビティなどで見つけることができます。ただし、コースIDは、関連付けられた学習データがあるコースに対してのみ入力されます。そのため、完全なコースリストのエクスポートを使用すると、コースの学習データがあるかどうかに関係なく、すべてのコースのすべてのコースIDを確実に取得できます。

    方法2: HTMLで検索する

    コース紹介ページからHTMLを調べて、コースIDを見つけることもできます。

    1. 見つけたいコースIDのコース紹介ページから、ブラウザーツールに移動します。Chromeでは、ページを右クリックして検証をクリックすることでこれを実行できます。
      inspect_html.png
    2. bodyセクションのHTML要素の最上部の方で、course_idを見つけることができます。
      course_id_in_html.png

    方法3: APIレスポンスでコースIDを見つける

    Udemy Business APIを有効にしており、Postmanなどのツールを使用してUdemy Business APIへのサンプルリクエストを作成している場合、さまざまなUdemy Business APIエンドポイントレスポンスでコースIDが返されます。

    id_via_api.png

    メモ:

    • ブラウザーのURLバーで、Udemy Businessアカウントのアドレス バーのhttps://www.{{your_subdomain}}.udemy.com/の直後にコースIDを貼り付けると、そのコース紹介ページに直接移動できます。また、https://www.udemy.com/のURLの末尾にコースIDを追加して、Udemy.comのコースに移動することもできます。 

    たとえば、次をURLアドレスバーに貼り付けます。

    address_bar.png

    そのコース紹介ページに直接移動します。

    course_landing_page.png

    記事を読む
  • 自分のUdemy Businessカタログからコースをエクスポートする方法

    この記事では、管理者がUdemy Businessアカウントの管理コンソールからコースリストを直接エクスポートする方法について説明します。

    管理コンソールのコースリストにはどのような情報が含まれていますか?

    管理コンソールからダウンロードされるコースリストには、カタログの一部であるコースと、作成したカスタムコースのみが含まれます。コースリストには、これらのコースに関する追加情報も含まれます。

    • コースID
    • 解説
    • URL
    • カテゴリー
    • トピック
    • レクチャー
    • 動画
    • 講師
    • 言語

    管理コンソールからコースリストをダウンロードする方法

    管理コンソールから直接コースリストをダウンロードするには、次の手順に従ってください。

    1. 管理 -> インサイトとレポートに移動します。
      insights_and_reporting.png
    2. 左側のサイドバーでコースインサイトを選択します。次に、右側でエクスポート -> コースリストを選択します。
      course_insights_course_list.png
    3. 確認を選択します。コースリストをダウンロードするための自動メールが届きます。これには数分かかることがあります。
      confirm_export_course_list.png

    download_course_list_email_notification.png

    データエクスポートレポートでコースリストにアクセスする

    コースリストがダウンロード可能になると、レポートにアクセスしてデータエクスポートレポートからダウンロードすることもできます。左側のサイドバーからもデータエクスポートレポートページにアクセスできます。

    data_export_reports_course_list.png

    記事を読む
  • Udemy Businessでのコースの割り当て

    管理者とグループ管理者は、割り当て機能を使用して、Udemy Businessのコースを学習プログラムに簡単に組み込むことができます。これにより、組織での学習が促進され、活性化されます。

    割り当て機能の概要
    割り当て機能は、次のように利用できます。

    • コースの割り当て:学習者が目標を設定し、それを達成できるようサポートします。
    • コースの割り当て時に期限を設定:学習者がコースを完了する期限を設定します。
    • 「割り当て済みのコースとラーニングパス」ページの活用:割り当て済みのコースの一覧を確認します。
    • 「コースインサイト」ページの「割り当て済みのコース」で進捗を確認:割り当て済みのすべてのコースと学習進度の一覧を表示できます。
    • コースの割り当てを解除:スキルが従業員に該当しなくなった場合、またはコースを誤って割り当てた場合は、コースの割り当てを解除できます。

    割り当てるコースの検索方法

    デフォルトでは、ユーザーはUdemy Businessコレクション内のすべてのコースを見ることができますが、必要な場合は、任意のユーザーやグループにコースを割り当てることができます。 検索バーを使用してコース(カスタム、インポート済み、またはUdemy Businessコレクション内のコース)を探し、検索や参照から、またはコースカードから直接、もしくはコース紹介ページから割り当てます。

    さらに組織のすべてのインポート済みコースおよびカスタムのコースはすべて、コース管理ページで簡単に見つけて割り当てることができます。

    manage_courses.png

    コースの割り当て方法

    1. コースを割り当てるには、割り当てたいコースに移動します。コースにカーソルを置き、「共有」ボタンをクリックします。コースの管理ページからコースを割り当てる場合は、コースの右端にある省略記号をクリックします。
    2. 次に、以下に示すように「割り当てる」をクリックします。
      assign_course_via_sharing.jpg
    3. コースを割り当てたいユーザーの名前またはメールアドレスを入力するか、コースを割り当てるグループを選択します。また、管理者は組織のアカウント内のすべてのユーザーにコースを割り当てることも可能です。その場合は「すべてのユーザー」を選択します。
      assigning_to_users.png
    4. 選択後、「割り当て」をクリックします。

    注: コースは、Udemy Businessアカウントに参加しているユーザーにのみ割り当てることができます。アカウントに参加していないユーザーには、コースを割り当てることはできません。

    コースの割り当て時に期限を設定するには

    コースの割り当て時に学習期限を設定するには、カレンダーアイコンをクリックして期限の日付を選択します。当日より後の任意の日付を選択できます

    assign_course_date_3.png

    注: いったん設定した期限を変更することはできません。日付を誤って選択した場合は、コースの割り当てをいったん解除し、改めて割り当て、正しい期限を設定します。

    コースの割り当てを解除するには

    Udemy Businessのコースの割り当てを解除する方法をご覧ください。

    コースの割り当ての通知

    コースが割り当てられたユーザーにはすぐにメールで通知されます。メールは割り当て者から送信され、割り当てられたコースと期限(設定されている場合)が示されます。また、期限が設定されている場合は、コースの割り当て日から実際の期限までの間に、ユーザーにリマインダーメールが送信されます。


    注: ユーザーは、コースの割り当てが解除された場合にメールで通知を受けます。また、ユーザーが割り当て済みのコースの学習を完了した場合も、管理者やグループ管理者にメールで通知されることはありません。

    記事を読む
  • コースを探す

    この記事では、管理者がUdemy Businessコレクションでコースを探す方法と、コースを提案する方法を説明します。

    検索機能を用いてコースを探す

    キーワード検索では、コースのタイトル、サブタイトル、講師名の中のキーワードを検索します。たとえば、Excel 2016のコースを探している場合は、「Excel」ではなく「Excel 2016」と入力します。

    削除されたコース

    以前見つけたコースが見つからない場合は、削除された可能性があります。削除されたコースについて、および削除されたコースのリストについてはこちらをご覧ください。

    新着コース

    コレクションに新しく追加されたコースを視聴したい場合は、新着コースについて、および新着コースのリストについてはこちらをご覧ください。

    新しいコースを提案する方法

    コレクション内でビジネスまたはテクノロジー関連のトピックを検索しても見つからない場合は、下のフォームを使用してコース提案を送信できます。 

    このフォームでは、Udemy Businessの「一般」コレクションに追加するコースを提案します。このコレクションは、貴社の法人アカウントのユーザーだけでなく、すべてのUdemy Businessユーザーが利用できます。 

    提案の送信後、コンテンツチームが、コース評価、ユーザーエンゲージメント、Udemyのすべてのお客様からの需要など、多くの基準に基づいて、その提案を検討します。提案が承認されたかどうかは、コンテンツチームが3~5週間以内にお知らせいたします。 

    コースの提案はこちらから送信してください。

    記事を読む
  • Udemy.comのコースがUdemy Businessコレクションにな

    Udemy Businessのコンテンツコレクションには、Udemyマーケットプレイス(www.udemy.com)のコースから厳選された多くのコースが含まれています。Udemyは、すべてのお客様から得られるコース評価、コースへのユーザーの取り組み、人気度など、多くの基準をもとに、マーケットプレイスの豊富なカタログの中から最もふさわしい、質の高いコースを厳選しています。

    Udemy Businessコレクションへの新しいコースの追加を提案する場合は、以下のフォームをご利用ください。このフォームは、Udemy Businessの「一般」コレクションに追加するコースを提案するものですのでご注意ください。このコレクションは、貴社の法人アカウントのユーザーだけでなく、すべてのUdemy Businessユーザーが利用できます。提案の送信後、コンテンツチームが、コース評価、ユーザーエンゲージメント、Udemyのすべてのお客様からの需要など、多くの基準に基づいて、その提案を評価します。提案が承認されたかどうかは、コンテンツチームが3~5週間以内にお知らせいたします。コースに関する提案の送信はこちらから。

    記事を読む
  • コースを提案するには?

    Udemy Businessでは、重要なビジネススキルやテクニカルスキルを現場で活躍するプロフェッショナルが教える質の高い最新のコースを厳選しています。この記事では、法人のお客様がUdemy Businessのコースを提案する方法について説明します。

    メモ: コース提案サービスは、法人のお客様のみが利用できます。チームプランのお客様の場合は、このサービスと追加のプラン機能を利用するためにエンタープライズプランにアップグレードすることをご検討ください。 

    コースの提案を送信する(エンタープライズプラン)

    品質を維持するため、コース評価、レビュー、Udemy.comでの講師のパフォーマンス、トピックの妥当性など、複数の基準を評価しています。現時点で、この基準に例外を設けることはできません。

    自分のニーズに合うコースを見つけるには、まずUdemy Businessで検索してください。Udemyの強力な検索エンジンを使用すれば、自分に適したコンテンツをレクチャー単位で見つけることができます。

    エンタープライズプランをご利用中で、Udemy Businessコレクションで必要なものが見つからない場合は、お問い合わせフォームからUdemy.comのコースを提案してください。そのコースがUdemyの基準を満たす場合、コレクションへの追加を検討いたします。 

    英語以外の言語のコースには、 各国語のコースからのみアクセスできます。各国語のコースへのアクセス権をお持ちでない場合は、マネージャーまたは会社のトレーニング企画開発チームにお問い合わせください。

    演習テスト付きコースを提案する

    現在、演習テスト付きのコースをお客様の提案によってUdemy Businessコレクションに追加することはできません。 

    演習テスト付きのコースは、コンテンツ監修チームによって信頼と安全に関するガイドラインの基準を満たしているか審査され、承認されたコースだけがUdemy Businessコレクションに追加されます。

    記事を読む
  • 自動割り当てルールの非アクティブ化または削除の方法

    自動割り当てルールを非アクティブ化したり、削除するには、まずメッセージメニューに移動し、割り当て済みのコースとラーニングパスをクリックします。

    click_on_Assigned_learning.jpg

    自動割り当てルールをクリックすると、アクティブなルールと非アクティブなルールがすべて表示されます。非アクティブ化するには、コンテキストメニューを開き、非アクティブ化をクリックします。直近の割り当ての列には、ルールの作成者と最後に割り当てた日時が示されます。

    click_on_Auto-assign_rules.jpg

    自動割り当てルールを非アクティブ化すると、今度は削除が可能になります。コンテキストメニューに戻り削除をクリックしてください。

    管理者であれば誰でも自動割り当てルールを非アクティブ化または削除することができます。グループ管理者が非アクティブ化または削除できるのは、管理するグループの自動割り当てルールのみです。自動割り当てルールが非アクティブ化または削除されると、ルールが割り当てられていた人にメールで通知されます。 

    email_notification.jpg

    自動割り当てルールの作成方法について

    記事を読む
  • Udemy.comからBusinessアカウントへのコースのインポート(法人のお客様のみ)

    Udemy Businessコースコレクションは、組織内の学習者が自分のアカウントでアクセス可能な、数多くのトピックにわたる、数千のコースの厳選されたコレクションです。ただし、Udemy.comマーケットプレイスにあるすべてのコースが、Udemy Businessコンテンツコレクションに含まれているわけではありません。

    この記事では、Udemy Businessアカウントの管理者がUdemy.comからコースをインポートし、ユーザーが受講できるようにする手順について説明します。

    メモ:この機能を利用できるのは法人のお客様のみです。

    Udemy.comからUdemy Businessアカウントへコースをインポートするには(管理者のみが実行できます)

    1. www.udemy.com(マーケットプレイス側)にアクセスし、該当するコースのURLを探します(例: https://www.udemy.com/salesforcecom-admin-essentials-for-beginners)。
    2. リンクをクリップボードにコピー&ペーストします。
    3. Udemy Businessアカウントにログインし、管理コース管理に移動します。
    4. 画面の左側にあるメニューのインポートしたコースリンクをクリックします。ここに、その時点までにインポートした全コースのリストが、そのコースの受講登録と残っているライセンスの数とともに表示されます。
    5. Udemy.comからコースをインポートするには、画面の右上にあるコースをインポートするボタンをクリックします。
    6. コースのURLを貼り付けてコースをインポートします。インポートしたコースが、アカウントのコース一覧と検索結果に表示されるようになります。

    インポートしたコースをユーザーが受講できるようにするには

    Udemy.comで無料コースとして公開されているコースをUdemy Businessにインポートした場合、そのコースには、アカウントのすべてのユーザーが受講登録できます。また、アカウントの学習者へのコースの割り当ても無制限にできます。

    ただしコース登録が有料の場合は、コース紹介ページに「このコースに登録するには、アカウントの管理者にコースの割り当てを依頼してください」というメッセージが表示されます。

    この場合、まずライセンスを購入してから、学習者コースを割り当てることができるようになります。

    • 重要: インポートしたコースのライセンスを学習者に割り当てると、その学習者が将来非アクティブ化された場合でも、そのライセンスを再割り当てすることはできません。

    ライセンスを購入するには、以下の手順に従います。

    1. 価格については、Udemy Businessサポートにお問い合わせください。
    2. 次に、「管理」「コース管理」「インポートしたコース」に移動し、リストから該当するコースを見つけます。そのコースの残りのライセンスを確認し、ライセンスの追加購入が必要な場合は、ライセンスを購入するをクリックします。以下のスクリーンショットを参照してください。
      imported_courses_option.png
    3. 購入するライセンスの数を入力します。サポートから該当するコースの割引を受けている場合は、割引適用後の価格が決済ページに表示されます。
    4. クレジットカード情報を入力し、「支払いを完了する」ボタンをクリックして、購入を実行します。

    udemy_business_checkout.png

    領収書を表示するには

    支払いが完了すると、Udemy Businessアカウントへのログインに使用したメールアドレスに領収書が届きます。メールが届かない場合は、スパムフォルダーや迷惑メールフォルダーに分類されていないかご確認ください。領収書が見つからない場合は、Udemy Businessサポートにお問い合わせください。

    記事を読む
  • Udemy Businessコースの割り当てを解除する

    この記事では、スキルがユーザーに該当しなくなったり、ユーザーに誤ってコースを割り当てた場合に、管理者やグループ管理者が、コースの割り当てを解除する方法を紹介しています。

    Udemy Businessのコースを割り当てる方法についてはこちらをご覧ください。

    コースの割り当ての解除

    コースの割り当てを解除するには、以下の手順に従ってください。

    1. 割り当て済みのコースとラーニングパスのページに移動します。
      assigned_learning.png
    2. そこから、割り当てを解除したいコースを選択します。
      assigned_learning_4.png
    3. 次に、ユーザー名の右側にあるボタンをクリックし、「割り当て解除」を選択します。これにより、コースの割り当てが削除され、そのユーザーの「割り当て済みのコース」モジュールにコースが表示されなくなります。このコースへの割り当てを解除したことがユーザーにメールで通知されます。
      assigned_learning_5.png

    メモ: 

    • 割り当ての解除は、コースの割り当てを行った管理者またはグループ管理者のみが実行できます。また、ユーザー単位の割り当てのみ解除できます。グループへのコースの割り当てを解除することはできません。
    記事を読む