• ビデオ品質を調整する

    Udemy Businessでは、インターネット接続の速度に応じてビデオの解像度を自動的に最適化しています。「設定」(歯車)アイコンをクリックして別の解像度を選択することで、ビデオの品質をいつでも調整できます。

    スクリーンキャストレクチャーの改善

    PCスクリーンを映すレクチャーでテキストの読み取りが難しい場合は、ビデオ品質を調整してみてください。

    settings_icon.png

    記事を読む
  • ビデオ再生速度の変更

    レクチャーはさまざまな速度で再生することができます。

    それぞれのレクチャービデオの再生速度を変更するには、そのレクチャーに移動し、マウスをビデオ上に持っていきます。ビデオの左下隅にボタンが表示され、速度を変更するオプションの選択が可能になります。

    adjust_speed_ufb.png

    記事を読む
  • 補足資料のダウンロード

    多くの講師は、PDF、デザインテンプレート、楽譜、ソースコードなどの補足資料をコースに含めることを選択しています。これらのリソースは、すぐにアクセスできるように、コンピューターにダウンロードできます。

    レクチャーに利用可能なリソースがある場合は、コースプレーヤーの右側にフォルダーアイコンが表示されます。

    resources_folder.png
    フォルダーアイコンをクリックすると、ダウンロード可能なリソースが表示され、リソースのタイトルをクリックしてファイルをダウンロードできます。

    resource_title_ufb.png

    ファイルへのアクセスに問題がある場合、または表示に異常がある場合は、講師またはサポートにお問い合わせください。

    記事を読む
  • キーボードショートカットにアクセスする方法

    キーボードショートカットの一覧にアクセスして、コースプレーヤーでさまざまな機能をすばやく実行するには、右下の設定アイコンをクリックします。

    keyboard_shortcuts.png

    キーボードショートカットで実行できる機能には、動画の速度、サイズ、音量の調整などがあります。

    keyboard_shortcuts.png

    記事を読む
  • 受講しているコースについて質問する方法

    この記事では、受講中のコースについて疑問がある時に「Q&A」機能で他の受講生の質問や講師の回答を確認したり、講師に質問したりする方法を説明します。

    重要:

    • 組織の設定によっては、ここで紹介する機能をご自身のアカウントでご利用いただけない場合があります。
    • 講師はメッセージ機能をオフにすることもできます。

    Q&Aの使用方法

    Q&Aでは、コースを受講する学習者からの質問に対して講師またはティーチングアシスタントが投稿した回答や、 彼らが選択した代表的な質問を見ることができます。またQ&Aにない場合は、自分で質問することもできます。 

    Q&Aにアクセスするには、コースプレーヤーの下にあるQ&Aアイコンをクリックしてください。

    q_a_tab_21.png

    次に、コースのすべての質問を検索する欄に、質問を入力します。他の学習者がすでに同じ質問をしている場合は、それが下に表示されます。同じ言葉を含む質問と回答も表示されます。

    q_a_questions_21.png

    検索バーの下にあるフィルターを使うと、求めている情報が見つけやすくなります。

    コースの内容に関する同様の質問がこれまでなかった場合は、自分の質問を入力してQ&Aに投稿するよう指示されます。 

    新しい質問をするときは、タイトル欄に文字を入力しないと公開ボタンが有効になりません。

    question_title_Q_A.png

    講師の稼働状況

    質問をするときは、コースの講師が自分の稼働状況をQ&Aに投稿しているかどうか、いつ回答が得られそうかを確認するようにしましょう。 

    質問と回答のフォロー

    Q&Aで注目したい質問と回答を優先的に確認するには、返信をフォローするを使用します。返信をフォローすると、学習者や講師が返信を投稿したときに通知が送信されます。

    質問と回答のスレッドのフォローを停止するには、返信をフォロー中をクリックします。

    質問やコメントを編集または削除する

    Q&Aで質問やコメントを編集する必要がある場合、または削除したい場合、投稿の右上に表示される3つの点をクリックします。

    投稿を削除することができるのは、質問をした学習者またはコースの講師のいずれかです。

    delete_Q_A_21.png

    コースの講師にメッセージを送信する方法

    一般に、Q&Aを使うと、コースについての疑問への回答を最も早く見つけたり、受け取ったりできます。ただし、講師により直接メッセージを送ることを許可されている場合は、以下の手順で講師にメッセージを送ることができます。

    1. コースプレーヤーの下にある概要をクリックし、次にもっと見るをクリックします。
    2. 下へスクロールします。一番下に講師のプロフィールがあります。講師の名前をクリックすると、その講師のプロフィールページに移動します。
    3. メッセージを送信」をクリックします。
    4. メッセージを書いて送信をクリックします。

    注:

    • コースの所有と管理は講師に委ねられているため、回答までの時間について、Udemy Business ではコントロールすることも、情報を提供することもできません。 
    • また、Udemy Businessのモバイルアプリでは、メッセージ機能が利用できませんので、あらかじめご了承ください。

    send_message_21.png

    記事を読む
  • メモの作成と使用方法

    コースプレーヤーのメモ機能を使えば、コースプレーヤーから離れることなく、レクチャーの大事な箇所に手軽にメモを残し、あとですばやく戻ることができます。この記事では、ブラウザーでコースを視聴中にレクチャーにメモを追加して、あとで参照する方法の概要を説明します。

    レクチャーへのメモの追加方法

    レクチャー内の特定の箇所にメモを追加する場合は、次の手順に従います。

    1. レクチャー内のメモを追加したい箇所で、画面下のメモタブをクリックします。または、ビデオレクチャーを視聴しながらキーボードショートカットの「b」か「n」を押して作成することもできます。

     notes.png

    全画面表示でコースを視聴中にメモを追加する場合は、コースプレーヤー下部のメモアイコンをクリックします。 

    notes_in_screen.png

    2. コメントを残したい場合は、フィールドに内容を入力してからEnterキーを押して保存します。最大で1,000文字入力できます。メモを追加して何も記入しない場合は、そのままEnterキーを押すか、メモを保存をクリックします。

    save_note.png

    3. メモを作成した箇所は、レクチャーバーに黄色の縦線で示されます。他のユーザーがメモを作成した箇所は青色の縦線で示されます(ご注意: あなたが作成したメモの内容を他のユーザーが読むことはできません)。メモに記入した内容は、他のユーザーには表示されません

    メモの参照

    メモを参照するには、コースプレーヤーのメモタブを選択しますこのタブには、特定のレクチャーやコースに追加したメモ、または最近作成したメモだけを表示することもできます。このタブで、コースのすべてのメモを見つけることができます。コース内のメモを追加した箇所に移動するには、表示したいメモをクリックします。すると、レクチャープレーヤーの該当箇所に移動できます。

    コースプレーヤーで黄色の縦線をクリックすれば、該当するメモを追加したレクチャー内の箇所に直接移動できます。

    メモの編集と削除

    メモの内容を編集する場合は、次の手順に従います。

    1. コースのメモタブで編集するメモを開きます。
    2. メモの右上の編集アイコンをクリックします。
    3. 内容を変更した後、Enterを押します。

    edit_delete_note.png

    メモを削除する場合は、メモの右上のゴミ箱アイコンをクリックします。

    メモの内容を確認できる学習者

    コースのどこにメモが作成されているかはすべての学習者が確認できますが、メモの内容を表示できるのは作成者本人のみです。

    記事を読む
  • グループ課題への参加方法[Beta]

    管理者やグループ管理者によって作成される課題は、学習者が適切なスキルに集中し、モチベーションを維持するのに役立ちます。この記事では、学習課題への参加方法について説明します。 

    メモ: この機能を利用できるのはエンタープライズプランのお客様のみです。

    課題の通知方法

    グループ管理者がメンバー向けの課題を作成した時点で、メンバーに通知されます。メンバーが受け取ったメールの「課題に移動する」をクリックすると、割り当てられている課題ページに移動し、課題を開始できます。

    challenges_email.png

    現在有効な課題の開始方法 

    マイラーニングページへ移動し、割り当てられている課題タブをクリックします。現在有効な課題とグループ管理者によって設定されている推奨事項が表示されます。 

    また、課題の進行状況、課題終了までの残りの週の数も表示されます。

    my_learning.jpg

    現在有効な課題向けに選択されているトピックのコースを受講する際、そのコースを課題にリンクするよう促すメッセージが表示されます。適切な課題を選択し、「保存」をクリックしてください。そのコースが課題の進行管理の対象となります。

    course_count.jpg

    記事を読む
  • 演習テストに関するよくある質問

    演習テストを使用することで、講師は総合的で長い形式の模擬試験を作成できます。この試験は、ユーザーが特定のテーマについての自分の知識を評価するために使用できます。演習テストは時間計測され、正式なテストの制限時間をオーバーしているかどうかが分かります。テストの最後には、問題に対する正解と不正解の内訳を知ることができ、継続的な向上に役立ちます。また、認定試験の準備をしている場合など、テストの最後に各問題の説明を確認することで、同じ失敗を避けることができます。

    この素晴らしい新機能に関して、ユーザーから寄せられることが予想される質問をいくつか紹介します。

    コースに演習テストがあるかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

    コースに演習テストがある場合、コース紹介ページの今すぐ登録の下にその旨が記載されています。

    practice_test.png  

    演習テストを2回以上受けることはできますか?

    もちろんです。小テスト機能と同じように、何回でも演習テストを受けることができます。

    テストを完了すると、「もう一度テストを受ける」のオプションが右側に表示されます。それをクリックするだけで、演習テストに再トライできます。

    retake_test.jpg

    テストに割り当てられた時間を過ぎてしまった場合、通知はされますか?

    はい。演習テストにはタイマーが含まれています。これは正式な資格試験と同じ時間に設定されています。演習テストの割り当て時間を過ぎると、警告が通知されます。

    テストをいったん開始すると完了しなければなりませんか?それとも、一時停止して後で演習テストに戻ることができますか?

    途中で演習テストを離れる必要がある場合、あるいは何か他の作業をすることにした場合、自動的にテストとタイマーが一時停止されます。そして、演習テストに戻る際には、中止したところから再開できるようになっています。

    pause_test.jpg

    回答を送信するにはどうすればよいですか?

    入力したい回答を選択し、演習テスト画面の右下にある次の質問をクリックします。

    next_question.jpg

    テスト終了後に、「見直しのマーク」ボタンをクリックして問題を詳しく確認することもできます。

    演習テストには最終得点が表示されますか?

    はい。演習テストを完了すると、最終得点が表示されます。また、正解と不正解の比率が知識領域に基づいて表示されます。「問題を見直す」をクリックして、すべての回答を確認することもできます。

    review_questions.jpg

    自分の回答を見直すことはできますか?

    はい。テスト完了後に「問題を見直す」をクリックして、送信したすべての回答を見直し、どの問題が正解または不正解かを確認できます。「知識領域」フィルターを使用して、テスト内の具体的な項目を検索することもできます。「すべての質問」フィルターをクリックすると、見直したい問題を選択できます(正解、不正解、スキップ済み、見直し用にマーク済み)。

    answers.jpg

    講師は学習者の演習テストの回答とスコアを確認できますか?

    いいえ。演習テストの回答と最終スコアを確認できるのは学習者のみです。

    演習テストのみのコースで、修了証書を受け取ることはできますか?

    いいえ。現時点では、演習テストのみで構成され、レクチャーや小テストなどのないコースでは、修了証書を発行しておりません。

    記事を読む
  • 学習を強化し補足するためのトランスクリプション

    学習を強化し、コースの価値を最大限に引き出すために、トランスクリプションや字幕を通して、講師が話す内容を簡単に追うことができます。トランスクリプションには、コーステキストを読み飛ばして必要なコンテンツのセクションにジャンプする機能があり、学習者が関連コンテンツをより簡単に見つけられます。

    コースプレーヤーのトランスクリプションボタンをクリックするとアクセスできます。トランスクリプションは画面の右側パネルに表示されます。講師が話している文がハイライト表示され、進行に沿って自動スクロールされるため、それを追うことができます。テキストの任意の箇所をクリックすれば、その箇所までレクチャーを早送りしたり、巻き戻したりできます。

    : トランスクリプション機能は現在Udemy Businessモバイルアプリまたはモバイルサイトではご利用いただけません。 

    transcript_icon.png

    transcript_panel.png

    字幕は、コースプレーヤーの右下にある「CC」ボタンをクリックしても表示できます。

    closed_captions.png

    記事を読む