• 評価テスト: 評価テストの割り当てと自動割り当てルールの作成

    評価テストは、あるトピックにおける学習者のスキルレベルを判定するための機能です。これにより、学習者のスキルに基づいてパーソナライズされたコースをご案内できます。この記事では、管理者とグループ管理者が、簡単に学習者のスキル測定を行うために評価テストを割り当て、グループの新メンバーに評価テストを自動的に割り当てるために評価テストの自動割り当てルールを設定する方法を説明します。 

    メモ: 評価テストをご利用いただけるのはUdemy Business Proのユーザーのみです。

    評価テストを割り当てる方法

    評価テストを割り当てるには、評価テストのメニューアイコンをクリックし、割り当てるをクリックします。

    Assign_CardMenu.png

    表示されるダイアログボックスで、割り当て先のユーザーまたはグループや、期限を指定できます。

    Assign_AssignModal.png

    自動割り当てルールの作成方法

    自動割り当てルールを作成するには、グループを選択し、アカウントに新たに追加されるユーザーにこのラボを自動的に割り当てるにチェックマークを入れます。これにより、そのグループに追加されるユーザーに、この評価テストが自動的に割り当てられるようになります。

    Assign_AutoAssign.png

    記事を読む
  • サポートの利用方法

    アカウント内で発生した技術的な問題についてのサポートを得るには、Udemyのカスタマーサポートチームにチケットを送信するのが最善で最速の方法です。Udemyのサポートチームのメンバーが問題解決のお手伝いをいたします。

    記事を読む
  • 新規登録時のエラーメッセージをカスタマイズする方法

    ユーザーがUdemy Businessにアクセスする方法は3通りあります - SSO(シングルサインオン)、管理者/グループ管理者からの招待、または承認済みメールドメインを使った「セルフサービス」による招待です。いずれの方法でも、新規登録のためにプラットフォームにアクセスしようとしたユーザーがブロックされる場合があります。ブロックされる理由は以下のとおりです。

    • 利用できるライセンスがなくなっている場合
    • ユーザーが招待されていない場合
    • ユーザーがSSOでのライセンス用に設定されていない場合
    • 以前に非有効化されたユーザーが再登録しようとしている場合

    上記のいずれかの理由でブロックされた場合は、IT部門かマネージャーにご連絡ください、という一般的なメッセージが表示されます。

    しかし、この機能を使えば、ユーザーがUdemy Businessにアクセスできない場合に、次の手順連絡先などを伝えるカスタムメッセージを表示させることができます。

    連絡先や手順を伝える独自のメッセージを追加するには、設定カスタムエラーメッセージページを開きます。

    custom_error_messages.jpg

    「編集」をクリックして、メッセージに表示させる連絡先情報を入力します。モーダルウィンドウが開き、メッセージを入力するためのテキストエディターが表示されます。メッセージには、メールアドレスやURL、リンクを追加することができます。テキストエディターには、太字、斜体、リンクの機能が備わっています。メッセージの長さは最大200文字です。メッセージを入力し終わったら「メッセージを保存」をクリックして保存します。

    write_your_own_message.jpg

    メッセージを保存した後、メッセージパネルの下のサンプルメッセージセクションにある「もっと見る」をクリックすると、メッセージの体裁を確認できます

    click_on_see_more.jpg

    sign_up_errors.jpg

    ご注意:カスタムメッセージ機能を利用できるのは、アカウントの所有者と管理者に限られます。グループ管理者には利用できません。

    記事を読む
  • 自動割り当てルールの作成方法

    割り当て済みのコースとラーニングパスをもっと簡単に管理しましょう。管理者とグループ管理者は、グループに追加された新規ユーザーに、コースやラーニングパスを自動で割り当てる「ルール」を作成することができます。

    割り当てオプションにアクセスして自動割り当てルールを作成する方法

    1. 自動割り当てルールを作成するには、割り当てるコースまたはラーニングパスに移動し、割り当てるをクリックします。

    assign_1.png

    2. 割り当てる対象のグループに入り、新規ユーザーがグループに追加されたら自動で割り当てるにチェックを入れます。

    assign_2.png

    1. 期限を選択します。ルールの期限を選択する場合は、次の2つのオプションから選択できます。
    • カレンダーで、特定の今後の日付を選択します。 
        • メモ: 
          • グループに割り当てられた時期に関係なく、自動割り当てされた同じ期限がすべてのユーザーに送信されます。例えば、あるユーザーが期限日の2日前にグループに追加される場合、このユーザーは2日以内に課題を完了する必要があります。 
          • カレンダー日付が期限切れになると、自動割り当てルールは自動的に無効化されます。
    • または、割り当て後に、ユーザーが課題を完了するまでの日数に基づいて、期限を設定します。
      • 例えば、30日間の自動期限日を設定する場合、グループに割り当てられた時期に関係なく、このグループに割り当てられたすべてのユーザーに、コースを完了するための30日間の時間が与えられます。このルールに期限はありません。
        due_dates_for_auto-assign_rules.png

    4. 割り当てルールが設定されると、ルールが有効な間は、このルールに伴って作成されるメッセージが新規ユーザーに送信されます。

    その他の注意事項:

    • インポートされたコースの自動割り当てはできません。 
    • Udemy Businessコースがコレクションから除外された場合、カスタムコースが非公開または未公開になるか、削除された場合、または割り当てられている期限を過ぎた場合、自動割り当てルールは非アクティブ化され、無効になります。
    • 適用中の割り当てルールを変更することはできませんが、メッセージ、割り当て済みグループ、または期限を変更する必要がある場合は、管理者およびグループ管理者が適用中のルールを非アクティブ化したうえで、変更後の設定で新しいルールを作成することができます。
    記事を読む
  • ラボ: ラボの割り当てと自動割り当てルールの作成

    ラボは、学習者がワークスペースを使って実践的なプロジェクトに取り組み、スキルを身につけるための学習の場です。この記事では、管理者やグループ管理者がラボを割り当てることによって、学習者にスキルトレーニングの機会を手軽に提供する方法について説明します。また、ラボの自動割り当てルールを設定することで、グループに新しく加わるメンバーにラボを自動的に割り当てる方法についても取り上げます。 

    ラボの詳細や、利用可能なラボについてはこちらをご覧ください。

    メモ: ラボをご利用いただけるのはUdemy Business Proのユーザーのみです。

    ラボの割り当て方法

    ラボを割り当てるには、ラボのメニューアイコンをクリックし、割り当てるをクリックします。

    assign_lab.png

    表示されるダイアログボックスで、割り当て先のユーザーまたはグループや、期限を指定できます。

    assign_lab_details.png

    自動割り当てルールの作成方法

    自動割り当てルールを作成するには、グループを選択し、アカウントに新たに追加されるユーザーにこのラボを自動的に割り当てるにチェックマークを入れます。そのグループに追加されるユーザーに、このラボが自動的に割り当てられるようになります。

    auto_assign_lab.png

    Udemy Businessでコースを割り当てる方法についてはこちらをご覧ください。

    記事を読む
  • 学習者チェックインと学習者フィードバック(ベータ)

    学習者チェックイン機能を使用すると、従業員がUdemy Businessに対して抱いている意見を把握することができます。Udemy Business管理者に有益なインサイトをもたらし、学習プログラムを管理、最大限活用するためにお役立てください。管理者は、Udemy Businessの学習体験について従業員からフィードバックを受け取り、学習時に従業員が直面する障害について把握することができます。あなたの会社の従業員がUdemy Businessの学習からより多くの価値を得られるよう、この情報を現在の学習戦略の最適化と改善に活かしていきましょう。 

    この機能はベータ版です。ご了承ください。 

    学習者チェックインの開始/一時停止方法

    画面右上にある管理メニューにカーソルを置き、 インサイトとレポートを選択します。

    insights_and_reporting.png

    次に、左側のメニューから学習者からのフィードバックを選択します。

    learner_feedback_.png

    • 学習者調査では、Udemy Businessの製品を通じて、すべての従業員に自動的にポップアップ通知が送信されます。
    • 学習者調査は、自動的にスタートし、3か月ごとに調査を実施するよう設定されます。必要に応じていつでも、「管理設定」で調査の頻度を変更したり、調査を停止したりできます。

    check-in_settings.png

    学習者調査がスタートすると、学習者がUdemy Businessのホームページを表示したときに、フィードバックを求めるポップアップが表示されます。このポップアップは、Udemy Businessに参加してから3か月以上経過した学習者にのみ表示されます。

    学習者は、右上隅の「x」をクリックしてモーダルを閉じることにより、質問に回答するか、回答せずに学習者調査を終了するかを選択できます。 

    • 学習者が質問に答えずにモーダルを閉じると、その後1週間アカウントに再度表示されなくなります。 
    • 学習者が質問に回答せずにアンケートを3回閉じた場合、次の調査サイクルが開始されるまで、アンケートはアカウントに再度表示されません

    学習者調査では、学習者にどのような質問がされますか?

    Udemy Businessが役に立っているかどうかが質問されます。学習者の回答が「はい」の場合は、その内容についてより具体的な回答を選択するよう求められます。該当する回答がない場合は、「その他」を選択します。 

    さらに、前出の質問への回答内容にかかわらず、すべての学習者がUdemy Businessの学習体験の改善すべき点に関するフィードバックを求められます。 

    学習者には、提出されたフィードバックが匿名で処理されることが示されます。

    学習者からのフィードバックのダッシュボード

    学習者からのフィードバックのダッシュボードには、5件以上の回答がある場合にのみデータが表示されます。このことは、何らかのフィルターが選択されている場合にも当てはまります。 

    学習者はUdemy Businessが役に立っていると感じているか?

    ここには、回答者の数と、Udemy Businessが役に立っていると回答した人のパーセンテージが表示されます。学習者が全体としてどのように感じているかを一目で確認できます。

    Dashboard.png

    Udemy Businessはどのように役に立っているか?

    ここには、学習者から寄せられた、Udemy Businessがどのように役立っているかを示す体験談や逸話などのコメントが表示されます。学習者がUdemy Businessからどんな価値を得ているかを把握できます。

    フィルターを適用して、学習者からのコメントを絞り込むことができます。

    how_has_UB_been_helpful.png

    学習体験をさらに向上させるには何が必要か?

    ここには、何が従業員の学習の妨げになっており、それを取り除くにはどうすればいいか、そのヒントが示されます。

    how_can_we_improve.png

    グループ管理者のアクセス

    グループ管理者は現時点では学習者からのフィードバックのダッシュボードにアクセスできません。

    データ更新

    データ更新の通知には、学習者調査によってフィードバックが収集され、学習者からのフィードバックのダッシュボードがリアルタイムで更新されたことが示されます。

    記事を読む
  • Udemy Businessの導入とエンゲージメントを向上させるためのリソース

    Udemy Businessは、皆さまがビジネス目標を達成し、組織の学習を促進するために尽力しています。Udemy Businessの管理ダッシュボードにリソースセクションを作成しました。このセクションにはUdemy Businessの導入とエンゲージメントを向上させるのに役立つ、エンゲージメント戦略、コミュニケーションテンプレート、管理リソースに関するガイド、ヒント、ウェブセミナーなどが含まれます。

    この機能は、企業アカウント内の管理者およびグループ管理者が利用できます。この機能にアクセスするには、管理→リソースに移動します。 

    リソース内では、次のガイドやヒントにアクセスできます。

    はじめに

    クイックスタートガイド

    アカウントのカスタマイズ、ユーザー管理、コース割り当てなど、Udemy Businessを使い始める方法。

    新しい管理者トレーニング

    Udemy Businessの開始方法、学習文化を育成するための戦略、管理者機能の概要などを含む、管理者向けの詳細なトレーニング。

    Udemy Businessについて

    Udemy Businessとコンテンツキュレーションモデルの概要。

    APIドキュメント

    APIの機能、要件、統合方法に関する詳しい説明。 

    Udemy Businessコースリスト

    Udemy Businessコレクションで利用可能なすべてのコースの包括的なリスト。

     

    エンゲージメント戦略

    エンゲージメントのベストプラクティス

    組織内で学習を推進する方法に関するベストプラクティス。社内で開始できる拡張可能な学習戦略や自分で作成できるカスタムコンテンツの例など。

    学習文化を構築するためのマーケティング戦略

    学習戦略を促進するためのマーケティングガイド。このガイドには学習者の認知、獲得、保持、紹介を築くためのフレームワーが含まれます。

    独自のコースガイドの作成

    Udemy Businessで独自のコースを作成する方法と、作成可能なコンテンツの優れた例を紹介します。

    ご質問やご意見がありましたら、こちらをクリックしてください。

    記事を読む
  • Slackとの統合

    Udemyではソーシャルラーニングは学習文化の構築と維持に不可欠であると考えています。ソーシャルシェアリングでは、同じチームに所属している従業員や同じような関心を共有している従業員の専門知識や推奨事項を活用します。

    Slackとの連携を行えば、従業員はUdemy BusinessコースをSlackのチャンネルや同僚と簡単に共有できるようになります。チームのプロジェクト完了に役立つコースや、興味深いトピックのコンテンツラーニングパスを共有することで特定の学習成果を推進するなど、Slackの共有機能を通じて組織の学習意欲を高め、継続的な学習を促します。

    私たちの目標は、L&Dチームの影響力を広げ、学習文化を築くのを支援することです。

    「Slackに共有」をオンにするにはどうすればよいですか?

    管理者は、次の手順に従ってSlack統合を有効にすることができます。

    1. Udemy Businessアカウントにログインして、「管理」>「設定」>「統合」ページを開きます。

    2. Slackの「共有」ボタンをオンにします。

    slack_off.png

    共有をオンにすると、従業員はコース紹介ページにSlackに共有アイコンが表示され、そこでコースを人やチャネルと共有できるようになります。

    share_clp.png
     

    Udemybotをオンにするにはどうすればいいですか?

    管理者は、Udemybotを有効にすることもできます。Udemybotは、Slackの自動メッセージであり、組織で受講された上位5つのコースを要約したものです。

    1. Udemy Businessアカウントにログインして、「管理」>「設定」>「統合」ページを開きます。

    2. インストールをクリックします。

    install_slack.png

    3. 次に、SlackからUdemy Businessの承認を求められます。
    注: 会社のSlack設定によっては、Udemy BusinessをSlackワークスペースで使用するための承認をSlack管理者に依頼する必要があります。

    4. 承認後、「統合」ページの指示に従って、選択したチャネルに投稿するようにUdemybotを設定します。

    記事を読む
  • Udemy Businessと学習管理システムの連携: xAPI

    xAPI(Experience API)は、オンライン、オフラインを含む幅広い学習アクティビティから得られる学習体験のデータを収集、共有するためのeラーニングデータおよび仕様のインターフェース基準です。

    メモ: xAPI統合はエンタープライズプランでのみご利用いただけます。

    目次

    • ステートメント
    • 統合の設定
    • 設定 - 特殊なケース
    • xAPIの利点

    ステートメント

    LMS/LXP/LRSなどのサードパーティーシステムとxAPI統合することにより、Udemy Businessは学習者のコースの進捗と完了状況に応じて、以下のアクティビティを送信します。 statements Udemy Businessが送信するxAPIステートメントの詳細についてはこちらをご覧ください。

    統合の設定

    サポートされているLMS/LXPにxAPIステートメントを登録するためのUdemy Businessの設定は、まずLMS/LXPで設定した後、Udemy Business の管理者ユーザーのインターフェイスから行います。以下に手順を示します*

    *ステップ1およびステップ2は、LMS/LXP側で行う必要がありますのでご注意ください。

    ステップ1: Udemy Business をAPIアプリケーションとしてご利用のLMS/LXPに登録し、クライアント情報を生成します。

    このステップはLMS/LXPで行ってください。xAPIを設定するには、LMS/LXPの管理者モジュールを確認します。クライアントアプリケーションを登録し、API用のクライアントIDおよびクライアントパスワードを登録することもできます。

    クライアントパスワードを生成する際には、アクセス範囲をxapi:writeに設定してください。(メモ: 範囲を設定しない場合、Udemy BusinessからLMS/LXPへxAPIステートメントを送信できません。)

    このステップを実行するには、御社のLMS/LXP管理者にご相談ください。

    ステップ2: LMS/LXPから、OAuthトークンのエンドポイントおよび、xAPIステートメントのエンドポイントを入手します。

    このステップはLMS/LXPで行ってください。LMS/LXPインスタンスには、OAuthトークンのエンドポイントとxAPIステートメントのエンドポイントのURLが含まれている必要があります。

    OAuthトークンのエンドポイントは、 ステップ1で生成したクライアントIDおよびクライアントパスワードを提供することで、Udemy BusinessがOAuthトークンを生成するために呼び出すものです。生成したトークンを使用して、Udemy Business がxAPIステートメントを、ステートメントエンドポイントにPOSTします。

    例:

    トークンエンドポイントURL: https://udemy.lms.com/v3/oauth2/access-token

    xAPIステートメントエンドポイントURL: https://udemy.lms.com/v3/xapi/statements

    メモ: URLが正しいことをご確認ください。LMS/LXPを確認し、インスタンスに適切なURLを入手してください。

    ステップ3: Udemy BusinessでxAPI統合を設定する

    1. 管理 → 設定 → LMS/LXP統合の順に移動します。
      settings_lms_lxp_integrations.png
    2. 設定を開始をクリックし、ドロップダウンメニューから利用するLMS/LXPを選びます。xAPの統合で設定したいLMS/LXPがリストにない場合は、Udemy Businessサポートにお問合せのうえ、詳細なLMS/LXPの情報をお知らせください。

      メモ: 以下の設定ページでは、APIキーのUdemy Business REST API(コースおよびレポートのAPI)へのアクセスを有効化、およびxAPIのセットアップも行えます。ご利用のLMS/LXPがドロップダウンメニューにあったとしても、xAPI統合の設定にまだ対応していない可能性もあります。
      list_of_integrationns.png
    3. LMSを選択後、次へをクリックすると、ページ下へ移動します。最初のセクションでは、標準のUdemy Business REST APIs(コースおよびレポートAPI)にアクセスできるAPIキーが入手できます。以下の赤で強調されているセクションが、xAPI設定に対応しています。ステップ1および2で取得したOAuthトークンURL、クライアントID、xAPIステートメントURLを提供します。
    4. 情報を提供後、認証情報をテストをクリックし、Udemy BusinessのインスタンスがトークンURLにアクセス可能かを確認します。保存をクリックして、設定を保存します。メモ: このテストでは、Udemy Businessがトークンエンドポイントにアクセス可能かどうかのみを検証します。
    5. これでLMS/LXPとのxAPI統合の設定が完了し、利用できるようになります。
    6. 学習の進捗状況および完了状況が、自動的かつほぼリアルタイムでLMS/LXPに送信されるようになります。

    設定 - 特殊なケース

    上記のステップは、ご利用のLMS/LXPが以下の場合に適用できます。 

    • 進捗したイベントおよび完了したイベントの両方に対応している場合 
    • アクター識別子としてmbox(Eメール)のみを受理する場合 

    xAPIの設定が、選択したLMSに反して、Udemy Businessの管理者ページに表示される場合、カスタム変更(例: LMS/LXPが完了イベントのみに対応している、またはmbox - Eメール以外のアクター識別子を要求する)が、Udemy Businessの実装によりすでに処理されています。ただし、LMSがリスト上にあるものの、xAPI設定セクションがない場合、もしくは、リスト上にないカスタムLMSを利用して、アクター識別子や動詞に関する特殊な要件がある場合は、 Udemy Businessサポートにご連絡のうえ、その要件をお知らせください。

    xAPIの利点

    Udemy Businessではすでに、レポートを目的とするREST APIsに対応しています(ユーザーアクティビティ、ユーザーのコースアクティビティ、ユーザーの進捗状況の各API)。これらのAPIには、より細分化された取引データ(レクチャーレベル)と集約されたサマリーデータ(コースレベル)の両方が含まれています。異なるレベルで集約されているため、これらのAPIでは、新しいデータを使用できるようになるまでに8時間~14時間のタイムラグが生じます。xAPIステートメントは、最小限のタイムラグで、ほぼリアルタイムで利用できます。ただし情報量は少なくなります。 

    以下の表に、標準的なレポートREST APIとxAPIのイベントストリームの主な違いをまとめました。

    基準 xAPI レポートREST API
    レイテンシー ほぼリアルタイムで完了イベントを提供。低レイテンシー 完了イベントを利用できるまでに最大8時間のタイムラグがあります。
    標準 学習環境における学習者の体験のキャプチャーおよびレポートは、業界基準に準拠します。 標準データモデルには準拠しません。そのため、データを異なるシステムに移植するにはカスタマイズしなければならない可能性があります。
    総合運用性 標準データモデルを使用しているため、システムを簡単に相互運用でき、複数の場所から学習者の体験を360度の視点から見ることが可能です。 複数のシステム間で相互運用するには、参加システムの間でデータのやり取りとマッピングが必要です。
    リソース使用率 Udemy BusinessがイベントをサードパーティーのシステムにPUSHするため、システムがUdemy BusinessからPULLする必要はありません。これにより、リソース使用率およびスケーラビリティの問題が少なくなります。 UdemyからデータをPULLするには、サードパーティーのシステムが必要です。リクエストとペイロードが増えると、タイムアウトの発生につながります。
    将来を見据えた設計 急速に発展する業界標準に対応し、将来を含め、幅広い学習者体験のイベントに対応できます(例: コース、取引、検索、レビューなどで、細分化された進捗状況の記録など)。 現在、レクチャーおよびコースレベルの完了イベントおよび進捗イベントに限定されます。今後、拡充する可能性がありますが、基準が設定されていないため、現時点での見通しは立っていません。

    xAPI対応のLMS/LXP

    LMS/LXP

    進捗ステートメント

    完了ステートメント

    アクター識別子

    認証メカニズム

    Learnshare

    アカウントオブジェクト(SSOのLMSUserId)

    基本認証

    Saba*

    X

    Eメール(mbox)

    OAuth 2.0

    SumTotal

    X

    アカウントオブジェクト(SSOのLMSUserId)

    OAuth 2.0

    Workdayラーニング

    X

    Eメール(mbox)

    OAuth 2.0

    *現在、ベータ版のみ

    • ベータ版に参加をご検討の場合は、カスタマーサクセス担当にお問合せください。
    記事を読む