• カスタムコースの作成方法

    この記事では、Udemy Businessアカウントのカスタムコースを作成する方法の概要を説明します。

    「Udemy Businessでカスタムコースを作成する方法」を見る

    まず、「Udemy Businessでカスタムコースを作成する方法」をご覧ください。このコースをご覧になるには、Udemy Businessアカウントで検索してください。 

    このコースでは、おすすめのコース作成手順を説明し、講義の仕方やインストラクショナルデザインのベストプラクティスについても紹介しています。また、カスタムコースの計画、制作、公開に役立つリソースも含まれています。 

    なお、現在、このコースは英語版のみ公開されています。今後、他言語でも公開する予定です。

    ステップ1: 講師ビューへの切り替え

    カスタムコースの制作を開始するには、まずページ右上にある講師をクリックし、画面の指示に従って、コースのタイトルを入力します。

     

    teach_ufb.png

    ステップ2: カスタムコースの計画

    カスタムコース制作の次の一歩は、コースの計画です。しっかりした土台を整えることがコースの残りの部分にとって非常に重要です。

    • 何を教えたいのか決めましょう。教えたい内容については、おそらくすでにアイデアをお持ちでしょう。今からそれを具体化していきます。 
    • 自分のコースでユーザーに何を学んでほしいか、つまり学習目標を特定します。今の時点でそれを設定しておくことが、コースの構造を優れたものにする上で大きな役割を果たします。
    • このステップでは、ユーザーが取り組みやすく、目標を達成し得るコース内容になるように、コースのコンテンツのカバー範囲を決定します。また、この時点で、コース内容をどのように構成するかも考えましょう。ユーザーが学んだことを総括できるように、各セクションの終わりに小テストまたは要約のいずれかを設けます。
    • コースを把握しやすいサイズのレクチャーに分割し、それぞれのレクチャーで達成すべき目標を説明します。このステップは、コース内容をより詳細に理解し、個々のセクションやレクチャーに分割するのに役立ちます。レクチャーの説明を書き、各レクチャーで受講生が学ぶ内容をまとめます。

    ステップ3: カスタムコースの制作

    これはコース作成プロセスのまさに中心部分です。

    • レクチャーを作成するときは、さまざまなタイプの受講生を考慮します。ビデオレクチャーでは、さまざまなレクチャーのタイプを取り混ぜて、「語り手」、スライド、スクリーンキャスト、図版などのプレゼンテーションスタイルも順次切り替える必要があります。ユーザーがあなたのコースのプレビューを見られるように、プロモーションビデオをアップロードしましょう。
    • Udemyでは、コース全体を通じて(各セクションで1回以上)演習を組み込み、ユーザーが熱心に取り組めるようにすることを強く推奨しています。コースの内容によってさまざまなタイプの演習が考えられますが、小テストやケーススタディ、プロジェクトなどを含めてもよいでしょう。
    • 一括アップローダーを使用してビデオをコースにアップロードします。アップローダーを使用すると、コースの他のリソース(補足リソース、PDF、音声、プレゼンテーションレクチャーなど)をアップロードすることもできます。ビデオがアップロードされたら、概要を確認してビデオを正しいレクチャーに関連付けます。

    ステップ4: カスタムコースの仕上げ

    このステップでは、カスタムコースをマーケットプレイスに公開する準備を行います。

    • 人を引き付けるコース概要を作成します  
    • コースのタイトルをもう一度見て、サブタイトルを追加します。 
    •  Udemyのガイドラインに合うコース画像を作成します。

    ステップ5: カスタムコースの公開

    管理者: 自分のカスタムコースをそのまま公開できます。

    管理者以外の場合、カスタムコースを提出して審査を受け、管理者から公開のための承認を得る必要があります。

    記事を読む
  • コースを作成できるのは誰か?

    Udemy Businessアカウントのカスタムコースは誰でも作成することができますただし、Udemy Businessアカウントの管理者でない場合は、カスタムコースを公開する前に審査を受け、管理者の承認を得る必要があります。カスタムコースの審査の準備が整うと、管理者にメールで通知されます。

    カスタムコースはUdemy Businessアカウント内でのみ公開され、 アカウントに招待されたユーザーのみがアクセスできます。カスタムコースは一般受講生向けマーケットプレイスであるUdemy.comでは公開されません

    記事を読む
  • 修了証明書を有効にする方法

    カスタムコースのコース作成者は、学習者がコースを100%完了したときに生成されるデジタル修了証明書を有効にすることができます。

    カスタムコースの作成方法の詳細情報

    カスタムコースのコース作成者が、自分のコースの修了証明書を有効にする方法

    Udemy Businessアカウントで作成したカスタムコースの修了証明書を有効にする

    1) ページ上部の講師をクリックして、自分のコースページへ移動します。

    2) 次に、当該コースのコースを編集/管理をクリックします。

    3) 画面右上の歯車(設定)アイコンをクリックします。

    course_settings_1.png

    4) 設定ページを下にスクロールして、修了証書セクションまで移動します。

    5) 修了証書を有効にするボックスをクリックしてから保存をクリックします

    certificates_enabled_1.png

    記事を読む
  • コースを再公開する

    この記事では、承認を得た後に非公開になったカスタムコースを、再公開する方法を説明します。 

    カスタムコースを再公開できるのは誰ですか?

    承認を得たコースの場合、そのカスタムコースを再公開できるのは作成者に限られます。 

    カスタムコースを再公開する方法

    カスタムコースを再公開するには、次の手順に従います。

    1. 講師をクリックして、コースページに移動します。
      teach.png
    2. 再公開したいカスタムコースを選択します。
    3. コースを再公開するをクリックします。

    republish_course_ufb.png

    記事を読む